banner

メリットとは

一般社団法人の設立で得るメリットとは

近年、「一般社団法人」と呼ばれる組織が多く存在するようになってきました。また、その他にもこれから一般社団法人を設立しようと考えている人も多くいます。では、なぜ 「株式会社」ではなく「一般社団法人」なのでしょうか。この法人を選択するということは、そこに何らかのメリットがあるのではと考えてしまいます。それでは、今回は「一般社団法人設立で得られるメリット」について見ていきましょう。

一般社団法人設立を検討するということは、そこに何らかのメリットが存在します。そのメリットとは、

1.「社会的信用が高くなる」ことがあります。一般社団法人の根本の目的は、「営利を目的に置かない」ことです。株式会社の場合は、営利を目的に設立される法人であり、会社が作った利益は社員へそれぞれ分配されるようになります。しかし、一般社団法人の場合は利益分配は禁止されており、また配当も出さないと決められています。株式会社の場合には、利益が出たら株主に配当を出すことになり、その点でこの2つの組織の違いが分かります。こうした理由から、非営利型組織であるこの法人の社会へ積極的に貢献しているとされ、信用度も増すのです。

2.「法人名で様々な契約を結ぶことができる」です。法律が改正させる前の社団法人設立では、大きなハードルがたくさん存在していたことで、立ち上げが非常に困難となっていました。そのため、設立に至らなかった組織のほとんどが、法人格を持つことができなかったため、組織での契約や登記申請が行えず、全て代表者の個人名が使われていました。しかし、法律が改正されたことでそのハードルが低くなり、法人格を持てるようになりました。

3.「人材を確保するのに有利となる」点もあります。個人や任意団体よりも法人の方が社会的信頼度も上がり、雇用される側にとっても、安心して仕事ができるようになります。会社に例えると、中・小・零細企業よりも大企業の方が働きやすく優秀な人材も集まりやすいのと同じことが言えます。

4.「基金を集めやすい」と言うこともあります。一般社団法人設立を目指すことで、社会的信用度も上がることから出資してもらいやすく、またその出資を募る際にもアピールすることもできます。一般社団法人の場合は、株式会社とは異なり、出資をしたからといって法人の社員にならなければいけないという規定はないので、上手くアピールすることで基金を多く集めることの可能なのです。

この法人にはこれらのメリットが存在しており、また設立時にも「資金が無くても立ち上げられる」・「登記のみの手続きで可能」などという特徴もがあり、この法人を選択する方が増えているのです。
しかしながら、デメリットも少なからず存在するので、設立する際には十分検討することが必要です。”

Copyright(c) 2015 社団法人の設立!その典型的な雛形とは All Rights Reserved.